MENU

ステインを根こそぎ撃退!歯の黄ばみを解消するには

毎日の歯磨きをしていると何気に気になってくる歯の黄ばみ

 

実は普通の歯は若干黄色だということはご存知でしょうか?
芸能人がテレビで笑ったりすると歯が真っ白で非常に目を引きますが、言うまでもありませんが彼らはホワイトニングを行っています。

 

本来健康な歯というのは真っ白な状態ではなく若干の黄ばみがあるのが普通なのですが、その黄ばみも一つ間違うと非常にイメージが悪くなってしまいますね。

 

歯の黄ばみを作る原因とは?

 

歯の黄ばみの原因となる物質は一般的にはステインと呼ばれていますが

 

実は歯の黄ばみの原因となるものは
私たちが普段よく口にしている飲み物では

 

  • コーヒー
  • 紅茶
  • ココア
  • 赤ワイン

 

などの飲み物。

 

続いて、黄ばみの原因となる食べ物では

 

  • カレー
  • ビーフシチュー
  • キムチ
  • チョコレート
  • 醤油
  • ソース

 

などといった色の濃い飲食物が原因と言われていますが、実はこれ以外にも意外なものが歯の黄ばみを濃くしているってご存知でしたか?

 

意外と知られていない黄ばみの原因となる飲み物、食べ物としては

 

  • 清涼飲料水
  • 栄養ドリンク
  • コーラ
  • お茶
  • そば
  • 大豆
  • 玉ねぎ
  • にんにく
  • にら

 

まだまだ挙げたらいくらでもありますが
意外と認知されていない黄ばみの元となる食べ物としてこれだけありました。

 

意外にも野菜が多く調べてビックリでした。
コーラの成分は昔から歯を溶かすことで知られていましたが、ポカリスエットやアクエリアスなどの清涼飲料水までもが
歯を黄色くするステインの原因になっていたとは驚きでした。

 

黄ばみがなるべく付着しないようにするには

 

上記の飲み物、食べ物は現代人にとっては嗜好品とよべるものであり、ある意味では麻薬以上に依存性の高いものです。これらの食べ物を一切取らずに生活するのは並大抵のことではありませんね。
またこれ以外にも黄ばみの原因となるステインを生み出している食べ物は数多く存在するので、黄ばみを全くつかないようにするには事実上不可能です。

 

また歯のエナメル質はpH5.5以上になると溶け出してしまい、溶け出した歯の表面に食べ物などの着色成分がしみ込んで
歯が黄ばむという現象が起こってしまいます。

 

ですが、歯の黄ばみの原因となるステインをなるべく歯の表面に付着しないようにする方法はあります。

 

それは

 

  • 食事後の歯磨きを徹底すること
  • 食べ合わせに注意すること

 

先ずは、食後の歯磨きを徹底する。これは基本中の基本ですね。
そして二つ目に【食べ合わせに注意する】ということです。

 

実は食べ物にも相性があり、黄ばみが付きにくい食べ合わせというものがあります。
食べ物の中には

 

  • 着色するもの【着色性食品】
  • 着色を補助するもの【着色補助食品】

 

の2種類があり、着色するものとそれを補助するものを同時に食べないようにすれば
ステインの着色を多少なりと抑えられるようです。

 

また食べ物以外の要因としてはタバコの喫煙などもタバコに含まれるヤニの成分が歯を黄色くしてしまうことは有名ですね。
逆にリンゴなどの食物繊維が豊富に含まれている果物はリンゴの皮などに黄ばみを落とす洗浄効果も含まれているので、食後や間食時にリンゴを丸かじりするなどすると意外と効果があるかもしれません。

 

これ以外にもより効果的に歯の黄ばみを抑えながらホワイトニング効果を得たいのであれば、ホワイトニング専用歯磨き粉【ブラニカ】が歯のホワイトニング効果をもたらしてくれると評判ですので、上記の食べ物を食べながら歯を白く保ちたいのなら一度ブラニカをお試しになられてもいいかもしれませんね。

 

 


このページの先頭へ